山登り道具の話:テント泊編

以前、基本装備を紹介したので、今回はテント泊装備。基本的に軽さよりも快適さを重視するスタイルです。

テント: アライテント / トレックライズ2(1,880g)
グランドシート: アライテント / アンダーシートT2(270g)
マット: Exped / SynMat UL 7 S(405+9g)
ピロー: Exped / Pillow Pump(140+6g)
スリーピングバッグ: モンベル / ダウンハガー800 #3(575+25g)
ランタン: Gentos / Explorer SOL-244S(160g)
サンダル: Keen / Shanti(360g)
※重量はカタログ値と実測値が混ざってます。+部分は収納袋。

こんなもんかな。これらに加えて、基本装備を丸々持ってきます。

テントは二人で使うことが多いのでトレックライズ2。短辺が150cmあるので、二人でも快適です。ソロ用の軽量テントが欲しい今日この頃。

マットはエクスペドの化繊入りエアーマット。Sサイズなので長さは163cmです。足元はZ-Seatでカバー。このマットはMサイズでも450gと軽量なんですが、どこに行くにもZ-Seat(60g)を必ず持って行くので、マットの方をサイズダウンして軽量コンパクトに。Pillow Pumpは枕兼空気入れ。収納サイズが少し大きいけど、寝心地はすごくいい。

ランタンはジェントスのエクスプローラーSOL-244S。150ルーメンとなかなかの明るさ。吊るしても影が出来にくいので気に入ってます。キャンドルモードにして、Kobo Gloで読書しながらまったり過ごすのがお気に入り。Kobo Gloはフロントライトがついてるので照明いらずです!

サンダルはキーンのシャンティ。両足で360gほど。歩行時間が長いルートだと置いてくかも。

基本装備と合わせると7kgくらい。テン場の状況にもよりますが、水・食料・着替え、さらに煩悩グッズを加えると約12kgといったところ。特に不足を感じることはありません。これらをBlack DiamondのMercury 65に詰め込んで歩いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です