ゆるリラ登山とキャンプと自転車と日々の暮らし

DOD ヤドカリテントの収納ボックスに70LのトランクカーゴTC-70Sがちょうど良かった話

我が家の別邸、DODのヤドカリテントをRISUのトランクカーゴTC-70Sに収納することにしました。

若干、押し込んだ感が出てますが…まあ、ジャストフィットと言って良さそうなサイズ感。

ちなみに、トランクカーゴの内寸がカタログ値で幅680/奥305/高325mm、ヤドカリテントの収納サイズが幅700/奥320/高320mmなのですが、ご覧のとおり、なんとか入ってます(笑)

ヤドカリテントの収納袋は余裕をもった作りになっているし、トランクカーゴの方も上に行くほど広くなってる作りなので入ってるのかも。

いつも撤収時間優先で大雑把に畳んでしまうので、きっちり畳めばもっと楽に収納できそうです。

で、なぜ収納ボックスが必要になったのかといいますと、ずばり、雨天撤収対策です。

これまで雨天撤収の際は90Lのゴミ袋に詰め込んで持って帰ってました。これの何が問題かと言いますと、テント自体が結構な重さなので、圧迫されて水が染み出てきてしまうんですよね…もし、ゴミ袋が破けようものなら大惨事。ある意味、致命傷な問題を抱えていた訳です。

その点、トランクカーゴに入れておけば、収納スペースが若干大きくなってしまうものの、水が染み出てきても溢れる心配がありません。テントの上にも物を積めるようになるし、荷物も安定します。

と思ったからこそ、トランクカーゴを用意して、雨天撤収に挑んだわけですが、これがなかなかでした(笑)

まず、インナーはなるべく濡らしたくないということで、フライシートの下で適当に畳んで、ゴミ袋にしまいます。で、問題のフライシートなんですが、水を吸っていて膨張しているので、きっちり畳まないとトランクカーゴに入りません。雨の中、畳み直す羽目になりました^^;

この日は豪雨の中での撤収で、結局インナーも濡れてしまっていたので、ゴミ袋に入れた上で一緒に詰め込みましたが、インナーは無事なら分けたほうが良いかもしれません。ポールを詰め込む余裕はありませんでした。というか、閉じるしかねぇ、と覚悟を決めて閉じたので、何回かやると割れそうな気がします^^;

というわけで、なんとか当初の目的は達成できた模様。車載の自由度も増したし、導入して良かったかなと。

今のところ、自宅保管時はトランクカーゴから出しているのですが、今後どうしようかな…。収納スペースの関係もあるし、入れたまま保管してみようかなと考えています。もちろん除湿剤を入れた上で。ドライボックスみたいな感じになってくれるといいんですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です