ゆるリラ登山と自転車

我が家のランドリー計画進行中。乾太くんと組み合わせる洗濯機は日立のBW-X100Fにしようかな。

先日の記事「買って良かった家電No.1!リンナイのガス乾燥機「乾太くん」が生活を豊かにしてくれる!」でも少し触れましたが、洗濯機を買い替えたいと思っています。まだ、家族には内緒ですか、本気です。

我が家のランドリー計画進行中!

というわけで、今回の記事では、乾太くんと組み合わせる洗濯機について考えてみました。

乾燥機能は有りか無しか

そもそもの問題。我が家の場合は乾燥機能無しの全自動洗濯機で十分かな。設置した乾太くんは5kgタイプのRDT-52SAですが、家族3人1日分の洗濯物であれば洗濯1回でOK。これがもし、家族が増えて、1日2回や3回となれば、乾燥機能付きにして乾太くんと同時進行にしていたかもしれません。

高さは128cm以下!幅は小さければ小さいほど良い。

重要なのは寸法。そう、置けるかどうかが全てです。専用台を使っているため設置できる洗濯機の高さに制限があり、ギリで134cmくらいまでじゃないと置けません。掃除しやすいよう洗濯機下に嵩上げ台を使いたいので、その分も考慮すると128cmくらいまで。蓋を開けた時の高さで128cmです。

専用台があるので、もちろん幅にも制限があります。まあ、大抵のモデルなら入るのですが、排水溝との位置関係などもあって、幅は小さければ小さいほど良い。

洗剤自動投入は必須!

我が家のランドリースペースは洗面所兼用なので収納棚がありません。乾太くんを専用台で設置しているため、洗濯機上のスペースもなし。唯一、洗面台下に収納可能ですが、掃除道具などもしまってあるため、毎回の出し入れがめんどくさい…。

というわけで、洗剤自動投入機能は必須です!

まあ、これが洗濯機を買い替えたい最大の理由といっても過言ではない。

洗濯槽の掃除機能もほしい!

乾燥機能無しの洗濯機なので、洗濯槽を清潔に保つための掃除機能は欲しいところ。シャープの穴なし槽が気になっているのですが、残念ながら洗剤自動投入モデルがない…。

絡みほぐし機能があると助かります。

乾太くんですが、服が絡まっていると乾かないことがあります。なので、洗濯物を移す際の絡みをほぐす作業は必須です。ちょっとでも楽したいずぼら男子としては、そこのところも洗濯機にお任せしたいわけでして…。必須ではないですが、あると嬉しい機能です。

結論。我が家の洗濯機はBW-X100Fにしようかな。

ということで、我が家の洗濯機は日立のBW-X100Fにしようかな。

決め手は、自動おそうじ機能とナイアガラすすぎ。

日立の自動おそうじ機能は水道水でうえから洗い流すのが特徴。ナイアガラすすぎは、たっぷりの水ですすぐことで、洗剤残りを少なくしてくれるみたい。大量の水を使うようなので、普段使いは難しそうですが、衣替えなど長期保管する前に使いたいと思っています。

さあ、機種も決まったことだし、あとは買うタイミングだけ。急いではないので、モデルチェンジ前の安いタイミングでとは思うものの、品切れになってしまっては元も子もありません。いや、その前に、まずは家族の説得が先か…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。購入のご報告もできるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です