Dahon Curve D7のハンドルまわりを変更した話

概ね満足してるDahon Curve D7ですが、どーしても変更したい部分がありまして…。

それはシフター。

Shimano SL-RS35-7R

標準で付いてるものはレボシフトというもの。購入して3ヶ月経ちますが、いまだに慣れません。

選んだのはこれ。

Shimano SL-M310-7R

Shimano SL-M310-7Rというシフトレバー。昔乗ってた自転車のシフターがラピッドファイアーだったという理由です。

レボシフトが付いてた方のグリップがショートタイプなので、グリップも替えることにします。用意したのがこちら。

Ergon GX1

Ergon GX1。

やっぱり握り心地は重要だと思う。バーエンド付きにしようか最後まで迷ったけど、今回はなしにしました。

これで準備は整ってるわけですが、これってハンドルまわりのパーツは全部外すことになるよね…。うん、ハンドルバーも替えようw

TNI XC-SL

TNIのXC-SLフラットバー。520mmにカットしてもらいました。Dahon Curve D7に標準でついてるハンドルバーは560mmなんですが、少し余らせて握ってたので、これでちょうど良い感じです。カット後の実測で137gほど。

仕上がりはこんな感じ。

Curveのハンドルまわり

いいですね!満足。

重量の方は、

+ Shimano / SL-M310-7R(130g)
– Shimano / SL-RS35-7R(94g)
+ Ergon / GX1(70g,70g)
– 標準グリップ(77g,115g)
+ TNI XC-SL 520mm(137g)
– 標準ハンドルバー(222g)
—-
-101g
※シフターの重量はインナーケーブルを含みます。
※GX1の重量はエンドキャップ(3g)を含みます。

トータルで101gほど軽くなりました!グリップの握り心地もシフターの操作性も良好です。

「Dahon Curve D7のハンドルまわりを変更した話」への2件のフィードバック

  1. ハンドル周りがとてもクールになりましたね!しかも軽量化も達成できているなんて!!!

    全体の写真もみたいです!

    1. 同じくらいの重さだろうと思ってたシフターがまさかの増量^^;下調べって大事だなっと。
      全体写真、今度撮ってきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です